包茎治療は亀頭のブツブツも同時に治療できる

包茎手術が簡単にできる時代です

包茎は簡単に手術で治すことができる時代です。真性包茎やカントン包茎はもちろんのこと、仮性包茎でも手術を行う人が増えています。包茎手術を行うことによっていつも清潔な状態に保つことができる他、見た目が逞しくなり自信が持てるようになったり、いつも包皮に守られていたために刺激に弱く早漏ぎみだった人が、刺激に強くなり早漏が改善する可能性もあります。手術は環状切開と呼ばれる輪っか状に切る手術の他、見た目が綺麗な亀頭直下埋没法、ペニスの根本にメスを入れる根部切開法など、いくつかの種類の中から選択することができます。費用は5万円~15万円程度で、真性包茎の場合は保険を使っての手術も可能です。この場合は3割負担となるので手術代を大幅に抑えることができます。ただし、見た目の良い亀頭直下埋没法などは保険適用外となり、主に環状切開法が中心となります。詳しいことは最初のカウンセリングの時に尋ねると良いでしょう。

包茎手術のついでにブツブツを切除しよう

包茎手術のついでに、気になる部分を一緒に治してしまうという方も少なくありません。その代表的なものが、フォアダイス状態を綺麗にすることです。フォアダイス状態というのは、亀頭の下の部分にできることが多いブツブツのことで、仮性包茎によく見られます。このブツブツは亀頭に見られるニキビのようなもので、病気ではありません。女性に感染するものでもありませんし、将来癌に発展する恐れもありませんので、そのままの状態に放置していても全く問題はないのですが、見た目が気になるという方は少なくないようです。特に勃起したときに少し目立ってしまいます。そこでどうせ包茎手術でメスを入れるわけですから、ついでにこのブツブツも取ってもらおうというわけです。ブツブツは電気メスで簡単に切除が可能で、麻酔をしていますから痛みもありません。フォアダイス状態を放置していると、どんどん数が増えてしまうこともあるので気になる方は早めの処置がおすすめです。

まとめ

包茎手術は比較的簡単な手術で、真性包茎やカントン包茎だけでなく、仮性包茎の方でも行う人が増えています。包茎手術を行うことで清潔になり、見た目も逞しくなります。早漏改善の効果も期待することができます。また包茎手術を行うついでに、亀頭の下の部分にできやすいブツブツを切除することもできます。このブツブツは病気ではなく、そのままでも問題はないのですが、見た目が気になるという方は、ついでに切除してしまうのがおすすめです。